ちょっと変わった目の形をした私のメイク方法

私の顔を簡単に表現すると、面長で鼻も低く、顔も平らなThe日本人という感じの顔立ちです。目は幸い二重なのですが、これまた特徴があります。上まぶたが覆いかぶさり気味なので、アイラインを引いても細いと正面から全く見えず、アイラインの効果が全く感じられません。たまにお化粧品屋さんでアイメイクをしてもらうと、細くアイラインを引かれてしまうので、全然アイラインが効果を発揮しておらず、やっぱり普通の二重の方とは違うんだな、と感じてしまいます。
そんな私のメイクでの工夫は、アイラインをとにかく太めに引くことです。一重の方もまぶたが覆いかぶさり気味になっている傾向かと思いますが、私も二重なのに覆いかぶさっています。そのため、アイラインを5㎜以上に太く引かないと、目を大きく見せる効果が発揮されません。普通の二重の方よりかなり太めに引いて、やっとお化粧のお目目拡大効果を得ています。ただし、太く引くためにアイラインの消費が激しく、早くなくなってしまいます。効率よくお目目拡大効果を得られないかと、濃い色のアイシャドーでアイラインを引くことにしたのですが、これまた問題がありました。
上のまぶたが覆いかぶさり気味のためか、アイシャドーを目の際に引いてしまうと、まばたきするごとにそのアイシャドーが目の下に落ちてしまい、パンダっぽくなってしまうのです。オシャレで濃い青のアイシャドーを引いたときは、目の下が青くクマのようになってしまい、不健康な人みたいになってしまいました…。アイシャドーのパレットを買うと一式色がそろってついていますが、それを使ってその中の濃い色をアイライン代わりにしようとしても、残念ながらアイライン代わりにはできないことが分かりました。
それ以来、アイラインは「絶対落ちない」系のウォータープルーフのアイラインを使用しています。目を開けた時に正面から数ミリ見える程度の太さまで引き、薄い顔を濃くしようと努力しています。また、黒いラインで太く引くときつい印象になってしまうので、茶色のアイラインを使用しています。
また、まぶたが覆いかぶさり気味のために、ビューラーもあまり使えません。しっかりと根元からまつ毛を上げている方も多いかもしれませんが、私はそれができません。なぜなら、がっちりとまつ毛を上げてしまうと、上のまぶたにまつ毛がへばりついたようになってしまうからです…。そのため、基本的にビューラーは使用せず、太めのアイラインを引いて、マスカラの機能で軽くまつ毛がカールする程度にアイメイクをしています。
なかなかやっかいな自分の目元ですが、このように工夫してキレイに見えるよう日々お化粧に励んでいます!

眉毛がきまるとメイクも決まる!

私は毎日の仕事の時には、最低限のメイクをしています。
オールインワンジェルで下地を作り、BBクリームと粉のファンデーションで軽く仕上げます。
アイメイクはペンシルタイプのアイライナーをぼかして、アイラインとアイシャドウにして軽くマスカラを塗ります。
後はチークと口紅だけ。
ただし、眉だけは丁寧に仕上げます。
眉の濃さは普通なのですが、下がり気味でやや太いので眉尻あたりはかなり剃っていてちゃんと書き足さないとマヌケ顔になってしまうのです。
以前はアイブロウペンシルで書いていたのですが、左右の形が揃わなかったり思うような流れが出なかったりして困っていました。
アイブローパウダーも試してみましたが、太さ調節が難しくだめでした。
それに一番困るのは、ペンシルだと汗で落ちやすいという事でした。
汗をかいて顔を拭くと、眉がなくなってしまうのです。
こすらないで抑えるように汗を吸っても、やはり落ちてしまいます。
そこで友人に眉マスカラを勧められました。
買ったのは、資生堂インテグレートニュアンスアイブローマスカラです。
たまたまドラッグストアに置いてあって、価格もそれほど高くはなかったのです。
BR773という、やや明るめのブラウンを買ってみました。
一般的なマスカラに比べてややブラシが大きくて大丈夫かな?と思ったのですが、使ってみたらベタッと付いてしまう事もなく、初心者でも使いやすいなと思いました。
色も髪色との違和感がなく自然な仕上がりになり、アイブローペンシルで書いたような不自然さがなくなって、メイクが楽しくなりました。
特に眉頭の部分は適度にぼかされた感じになり、全体的に均一な色になります。
ただし、眉尻だけは少しだけアイブローペンシルで書き足します。
眉尻の方は細いので、大きめの眉マスカラブラシだと少し難しいような気がしています。
一番気になっていた、汗をかくと眉の色が落ちてしまうという事もなくなりました。
もちろん、メイク落としと洗顔で簡単にオフできます。

ドラッグストア育毛剤

パーティーその他人の集まる席などでいつもよりしっかりとしたメイクをしたい時には、
いつもよりアイシャドウを多色使いして華やかさを出すのと、口紅の色を華やかにするくらいで、後はあまり普段と変わりません。

眉マスカラはとても便利な商品です。
まだ眉マスカラは資生堂インテグレートの製品しか使ったことがありませんし、とても気に入っていますが
今度は他の製品も試してみたいと思っています。

柔らかい印象の目元を保つ為のアイライン、そして華やかさは目元ではなくリップで補充!

私の目は少し垂れ目の奥二重に近い二重です。
普段のメイクはいかにこの目元をスッキリと見せるかにこだわっています。
ですが、自分の持ち味の少したれ目な柔らかい雰囲気も好きなので、その部分も保ちつつアイメイクを仕上げるようにしています。
やはり、アイメイクで目をスッキリと見せる為には、アイライナーが決め手になってくると思います。
私の場合は、自分の持ち味の少し垂れ目の優しい、柔らかい雰囲気も好きなので、普段はアイライナーで黒は使いません。
黒はクッキリと目を強調してくれて、黒を使っている方が多いと思います。
ですが、私の場合は、この黒いラインが作り上げたい雰囲気に合わないんです。
黒を使うと少しキリッとなり過ぎてしまって、せっかくの持ち味が失われてしまいます。
黒目の色も茶系なので、黒のアイラインが私からすると顔に馴染んでないように感じます。

私のイメージしている雰囲気を出すには、アイラインは茶系がベストです。
茶系は主張し過ぎず、程よい程度に馴染んでくれます。そしてスッキリしない私の目元をいい具合に
キリッと引き締めてくれます。
現在使用しているのは、ノエビアの 「サナ エクセル カラーラスティング ジェルライナー 」のクランベリーの色を使用しています。
この商品は、とにかく色合いが気に入って使っています。
色味はクランベリーと表記されていますが、色味は赤茶系で少し光沢があります。
今までは、ブラウンの表記のものを使っていましたが、この商品の赤みがかった茶系は
目元を少し明るく柔らかく仕上げてくれます。ラメ感も上品な輝きなので、不自然ではありません。
今までのブラウン系のアイライナーより、ベージュ系やブラウン系のアイシャドウとの相性がいいように感じます。
また、アイシャドウなしでアイライナーだけでも、浮いて目立つことなく自然な印象を作ってくれるので、アイラインだけの日もあります。
普段のメイクは簡単なメイクを一通りするだけで、こだわりはアイラインぐらいです。
顔全体に色味がないので、色を足すようにチークは少し濃い目で塗ります。
リップメイクはほとんどしません。リップクリームを塗る程度です。
リップメイクをする時はイベントのとき等です。
結婚式の時やパーティー、女子会に参加する時はリップメイクを必ず行います。
私の場合は目元の印象が柔らかい分、華やかさはリップで表現する方が似合っていると思うからです。
個人的には、グロスを使うと子供っぽくなるので、艶が出すぎない程度の質感を選んでいます。
上品な印象に仕上げるようにも注意しています。
リップラインは強調し過ぎず、色も、一色ではなく2色以上を組み合わせて仕上げています。
リップメイクが加わるだけで、顔の印象がとても華やかになります。
普段のメイクにも取り入れたいのですが、どうしてもリップをしての食事が気になるので、
顔に華やかさが欲しいイベントのとき等にしかリップメイクはしません。
リップメイクをすると普段より気持ちは確実に上がります。

私の奥二重の目を活かすアイメイクの方法

今回は、奥二重の私の目を活かすアイメイクについて、ご紹介したいと思います。

私は、ずっと地味でメイク映えしない自分の奥二重の目が好きになれませんでした。

せっかくかわいいアイシャドウを塗ってもイマイチパッとせず、アイシャドウで作るグラデーションもうまく引き立てることができない目の形だったからです。

そんな私が自分の目を好きになるきっかけとなったメイク法が、「下まぶたのメイク」です。

それまでは、アイメイクといえば、上まぶたにアイシャドウで色を乗せたり、アイラインを引いたり、マスカラを塗るといったような上まぶた中心のものでした。

しかし、奥二重だとイマイチ上まぶたのメイクが引き立ちません。

そこで、ちょっと発想を変えて、上まぶたはシンプルに、下まぶた色味を乗せるという方法に変えると、眼の縦幅が広く見え、印象的な目元に仕上げることができるのです。

私のオススメは、ルナソルの赤み系のアイシャドウです。
上まぶたはブラウン系でシンプルに仕上げて、下まぶたにルナソルの赤み系のカラーをブラシで眼の際に丁寧に乗せると瞳がウルウル見える効果も期待できます。

これだけでも、十分印象的な目元に仕上がるのですが、さらにプラスアルファするとさらに魅力的な目元になります。

それは、ランコムのマスカラを上まぶたと下まぶたのまつ毛に丁寧に塗ることです。

そうすることで、目の縦幅と横幅をさらに広げることができ、よりパッチリとした目に仕上げることができます。

このようにメイクを施すと、地味な印象になりがちな奥二重の目がグッと華やかに見せることができますよ。

また、もう一つのポイントが、アイラインは赤みがかったブラウン系を使用するときつい印象になるのを防いでくれて、女性らしい優しい雰囲気もかもし出すことができるので、オススメです。

このようにアイメイクに力を入れた時は、他のパーツはナチュラルに仕上げることも顔全体のバランスを取るためには大切です。

ファンデーションは、リキッドを極々薄く、チークはサッと一塗りする感じに乗せると上手くいきますよ。

できるだけ、眉も自分の眉を活かすように仕上げると優しい印象になります。

リップは普段のお手入れにしっかり手をかけて、プルプルの赤ちゃんのようなリップをキープするのも忘れないようにしましょう。

そうすることで、ナチュラルな淡いリップグロスを乗せただけで魅力的な唇に仕上がります。

ポリピュアチャップアップ

メイクで1番大切なことは、いかに自分の持っているパーツの良さを引き出すかだと私は思っています。

ぜひ、参考にしていただけたら、嬉しいです。