私の奥二重の目を活かすアイメイクの方法

今回は、奥二重の私の目を活かすアイメイクについて、ご紹介したいと思います。

私は、ずっと地味でメイク映えしない自分の奥二重の目が好きになれませんでした。

せっかくかわいいアイシャドウを塗ってもイマイチパッとせず、アイシャドウで作るグラデーションもうまく引き立てることができない目の形だったからです。

そんな私が自分の目を好きになるきっかけとなったメイク法が、「下まぶたのメイク」です。

それまでは、アイメイクといえば、上まぶたにアイシャドウで色を乗せたり、アイラインを引いたり、マスカラを塗るといったような上まぶた中心のものでした。

しかし、奥二重だとイマイチ上まぶたのメイクが引き立ちません。

そこで、ちょっと発想を変えて、上まぶたはシンプルに、下まぶた色味を乗せるという方法に変えると、眼の縦幅が広く見え、印象的な目元に仕上げることができるのです。

私のオススメは、ルナソルの赤み系のアイシャドウです。
上まぶたはブラウン系でシンプルに仕上げて、下まぶたにルナソルの赤み系のカラーをブラシで眼の際に丁寧に乗せると瞳がウルウル見える効果も期待できます。

これだけでも、十分印象的な目元に仕上がるのですが、さらにプラスアルファするとさらに魅力的な目元になります。

それは、ランコムのマスカラを上まぶたと下まぶたのまつ毛に丁寧に塗ることです。

そうすることで、目の縦幅と横幅をさらに広げることができ、よりパッチリとした目に仕上げることができます。

このようにメイクを施すと、地味な印象になりがちな奥二重の目がグッと華やかに見せることができますよ。

また、もう一つのポイントが、アイラインは赤みがかったブラウン系を使用するときつい印象になるのを防いでくれて、女性らしい優しい雰囲気もかもし出すことができるので、オススメです。

このようにアイメイクに力を入れた時は、他のパーツはナチュラルに仕上げることも顔全体のバランスを取るためには大切です。

ファンデーションは、リキッドを極々薄く、チークはサッと一塗りする感じに乗せると上手くいきますよ。

できるだけ、眉も自分の眉を活かすように仕上げると優しい印象になります。

リップは普段のお手入れにしっかり手をかけて、プルプルの赤ちゃんのようなリップをキープするのも忘れないようにしましょう。

そうすることで、ナチュラルな淡いリップグロスを乗せただけで魅力的な唇に仕上がります。

ポリピュアチャップアップ

メイクで1番大切なことは、いかに自分の持っているパーツの良さを引き出すかだと私は思っています。

ぜひ、参考にしていただけたら、嬉しいです。